歌仙切(時代不同歌合)

かせんぎれ(じだいふどううたあわせ)

Excised segment from the illustrated scroll of Immortal Poets 

絵:伝 藤原信実 書:伝 二条為家(え ふじわらののぶざね  しょ にじょうためいえ)

鎌倉時代 13世紀

 

歌人を左右に分けて、詠じた和歌の優劣を競う歌合は、平安時代に成立して以降、貴族を中心に楽しまれてきました。この絵は右に貴族・藤原道信(ふじわらのみちのぶ、972~994)、左に僧・行尊(ぎょうそん、1055~1135)を描き、それぞれの和歌を記します。このような活躍した時期の異なる人物による架空の歌合を「時代不同歌合」といいます。制作当初、この絵は絵巻物でしたが、行尊と道信の部分を切り取って掛け軸に仕立てています。細く均一な線で彩色をほどこさない白描(はくびょう)であらわされています。

 

 

百丗六番

左  藤原道信朝臣 

あきはつるさ夜ふけかたの月みれは

袖ものこらすつゆそおきける

右  大僧正行尊  

はるくれは袖のこほりもとけにけり 

もりくる月のやとるはかりに

 

百丗七番

左 

かきりあれはけふぬきすてつふちころも 

はてなきものはなみたなりけり

もろともにあはれと思へやまさくら 

はなよりほかにしる人もなし

 

百丗八番

左 

あけぬれはくるゝ物とはしりなから 

なをうらめしきあさほらけかな

右 

草のいほをなにつゆけしと思けむ 

もらぬいはやも袖はぬれけり