祥瑞豆獅子豆男香合

しょんずいまめじしまめおとここうごう

"Insence Container, blue and white, with a man and lion design"

中国・明時代 17世紀

それぞれの蓋のつまみにかたどられた、小さな獅子と男性が特徴的な香合です。襞(ひだ)がくっきりとした鞠(まり)の形をし、全体を格子目文や雷文などの緻密な文様で埋めつくしています。このような幾何学文様を青色の顔料でほどこす磁器は中国・明時代末に作られ、日本にもたらされました。日本では、その多くに記されている銘文にちなみ、祥瑞(しょんずい)と称して珍重されました。この2つの香合は、安政2年(1855)に刊行された番付表「形物香合相撲」において東の前頭五段目の7、8番目に載り、幕末にはすでによく知られていました。