紅葉に鹿図

もみじにしかず

Folding Screen of Deers in the autumn Leaves

江戸~明治時代 19世紀

色づく紅葉のもとに二頭の鹿が描かれています。鹿の毛並みや紅葉の幹などに、琳派が得意としたたらし込みの技法を用い、顔料のにじみを生かした表現が見られます。作者は不明ですが、印の「潤声」は尾形光琳が用いた号のひとつであり、光琳を意識したことが認められます。藤田家には、梅に鶴を主題とする右隻とともに六曲一双として伝わっています。藤田家の邸宅内を撮影した写真から、この屏風が部屋のしつらいに用いられていたことがうかがえます。