法隆寺五重塔伝来塑像 羅漢

ほうりゅうじごじゅうのとうでんらいそぞう らかん

Rakan, Clay figures from five-storied Pagoda at Horyu-ji

和銅4年(711)

 

 

奈良・法隆寺五重塔に現在も安置されている塑像(そぞう)群のうちの一つといわれています。柔らかく成形しやすい粘土などを材料に用いた塑像は、奈良時代に多くつくられました。羅漢の頭の形や、静かな表情、体つき、衣の表現は、写実性を追求した奈良時代塑像の特色をよく示しています。五重塔の最下層には、東西南北の4面にわたって山岳風景を背景に大小の塑像が配置され、それぞれ釈迦の入滅など仏典に説かれる4場面をあらわしています。藤田美術館には羅漢と長者の2体が伝わっていますが、どの場面に配置されていたかは特定できていません。