大獅子図

おおじしず

"Great Lion"

竹内栖鳳(たけうちせいほう)

明治35年(1902)頃

威風堂々たる百獣の王の姿が、豊かなたてがみや顔のひげ、遠くを見据える瞳など、細部まで捉えられています。竹内栖鳳(1864~1942)は、明治33年(1900)に渡欧した際に動物園でライオンを目にし、スケッチを重ねて帰国しました。従来、野生のライオンが生息しない日本において獅子は想像上の動物でした。栖鳳が西洋での体験をもとに描いた等身大の雄姿は、当時の日本で多大なる衝撃を与えたことでしょう。セピア(イカ墨)に金泥を混ぜるなど、絵具にも工夫を凝らした一連の獅子図は、「金獅子」と称され人気をよびました。この絵は、明治37年(1904)の米・セントルイス万博に出品された刺繡壁掛の下絵だと考えられており、多数残る栖鳳の獅子図のなかでも稀にみる大きさを誇ります。