春日厨子

かすがずし

"Kasuga Zushi (Shrine) "

室町時代 15世紀

春日大社の祭神、武甕槌命(たけみかづちのみこと)が常陸国(現在の茨城県)の鹿島より鹿に乗って春日大社へ降臨したという伝説にもとづいて作られた木製の神鹿(しんろく)像と厨子です。厨子の奥の壁には春日大社の様子が描かれるとともに、神鹿像の足元には雲が表現され、春日野に降り立った様子をあらわす趣向となっています。厨子に安置された神鹿像は、背の上の唐鞍に藤と榊で飾られた鏡を載せています。これは武甕槌命の象徴で、山上から麓に移動する際に榊に乗って移ったという伝えに由来します。