交趾大獅子香合

こうちおおじしこうごう

"Incense Container, Cochin-ware with a Lion-shaped lid "

中国・明時代 17世紀

体を丸めてうずくまる獅子をかたどり、黄色の釉薬が全体にほどこされています。このような交趾焼は江戸時代初期に多数もたらされ、茶人たちは香合に見立てて珍重しました。安政2年(1855)に刊行された番付表「形物香合相撲」において、東の前頭十枚目に格付けされています。箱の蓋には「獅子」と記されており、小堀遠州の自筆と伝わります。