交趾紫鹿香合

こうちむらさきしかこうごう

"Incense Container, Cochin ware with Deer shaped lid "

中国・明時代 17世紀

うずくまる鹿が蓋にあらわされ、身の外側には蓮弁文がほどこされています。古代中国において、鹿は寿老人をはじめとする神の乗る動物とされ、長寿の象徴として尊ばれました。交趾焼とは中国・福建省の漳州(しょうしゅう)窯付近で焼かれたものを指します。江戸時代初期に日本に多数もたらされると、茶人たちが香合に見立てて珍重しました。