春日明神影向像

かすがみょうじんようごうぞう

"Manifestation of the Kasuga Myōjin "

南北朝~室町時代 14~15世紀

 

春日明神は、春日大社の本殿にまつられる神の総称です。そのうちの武甕槌命(たけみかづちのみこと)が使いの鹿に乗り、常陸国(現在の茨城県)の鹿島神宮から飛来し、春日の地に降り立つさまを描いています。画面右下には春日大社での祭祀を行う家系の祖となった2人の男を従えています。武甕槌命の上方には榊(さかき)をつけた円鏡があり、その中には仏があらわされます。これは神と仏は一つのものという考えにもとづいて、春日大社に祀られる神々を仏の姿で表現したものです。