業平東下り置物

なりひらあずまくだりおきもの

"Figure,  “Azumakudari (Narihira's Journey to the East Wilderness)” of Tales of Ise "

江戸時代 17世紀

「東下り」は、在原業平(ありわらのなりひら)が主人公として登場する伊勢物語の有名な場面です。馬に乗った業平が、従者二人とともに東国に向かう旅路の様子をあらわしています。江戸時代初期、京都には東山地域を中心に多くの窯が点在しており、なかでも清水寺参道の五条坂付近で生産された焼き物を清水焼と呼びました。業平や従者の衣などにほどこされた青・黄・緑を基調とする彩色は、古清水焼(江戸時代につくられた清水焼)の特徴を示しています。