梶葉七夕蒔絵硯箱

かじのはたなばたまきえすずりばこ

Writing Box, with Makie Lacquer, design of Tanabata (Weaver Festival)

室町時代 15世紀

蓋表には流水文に7枚の梶葉を散らし、1本の筆を配しています。蓋裏と内部にもあわせて7枚の梶葉が流水とともに施されています。かつて七夕の日に、7枚の梶葉に歌をしたためて牽牛と織女に捧げるならわしがありました。この硯箱は小堀遠州の愛用品の一つとして伝わります。