Exhibition 1

6.1 - 8.31

升色紙

ますしきし

Masu Shikishi

歌人・清原深養父(きよはらのふかやぶ)の歌集『深養父集』の書写本を切り離したものです。料紙が升のような方形であることにちなみ升色紙と呼ばれます。丸みを帯びた字形、のびやかな筆線が特徴です。線の強弱や文字の配置など空間構成に優れています。春霞に隠されて散りゆく桜を惜しむ和歌が詠まれています。
「山桜見て/はるかすみなにかく/すらんやまさくら/ちるまをたにもみる/へきものを」