Exhibition 1

6.1 - 8.31

◎[重文] 刺繡釈迦阿弥陀二尊像掛幅

ししゅうしゃかあみだにそんぞうかけふく

Shaka Nyorai and Amida Nyorai in embroidery

全体に刺繡をほどこした繡仏(しゅうぶつ)です。向かって右に釈迦如来、左に阿弥陀如来の二尊をあらわしています。その下には三脚卓に獅子香炉と一対の花瓶、左右に観音菩薩と勢至(せいし)菩薩を配しています。上部には中国の僧・善導(ぜんどう)の賛文があり、賛文の間を飛天や楽器が蓮華の花びらとともに舞っています。刺繡には多彩な絹糸のほか、二尊二菩薩の頭髪や袈裟などに人の髪を用いています。