Exhibition 2

5.1 - 7.31

唐物肩衝茶入 銘 蘆庵

からものかたつきちゃいれ めい ろあん

Tea Cady, Chinese type with angular shoulders, named Roan

光沢のある明るい飴釉の中央に蛇蝎釉(だかつゆう)が流れ、轆轤目(ろくろめ)が透けて見えています。素地は薄く、非常に軽く焼きあがっています。薩摩の島津家に伝わりましたが、西南戦争の際に箱や付属品等が焼失しました。茶入を手に入れた傳三郎は、牙蓋や盆、仕覆、箱などの全てを自らの好みで新調し、自号のひとつより「蘆庵」と銘を付けました。仕覆は右から、鶏頭金襴、藤種緞子、興福寺銀襴、太子漢東です。