Exhibition 0

御所丸黒刷毛茶碗 銘緋袴

ごしょまるくろはけちゃわん めいひばかま

白釉を地に黒釉を大胆にかけたゆがみの強い茶碗です。胴には轆轤目があり、高台は土見せで多角形に削り出されています。銘の「緋袴」は白地部分に現れた赤味から名付けられたと伝わります。沓形という楕円型の茶碗は朝鮮半島の陶磁器には見られない形で、日本から注文して造られたものと考えられています。