Exhibition 3

4.1 - 6.30

◎[重文] 渓西広沢墨蹟 偈語

けいせいこうたくぼくせき げご

Calligraphy of Xixi, verse

禅僧渓西広沢(生没年不詳)が、日本から禅を学ぶために留学していた白雲慧暁(1228~1294)の人となりを雲に例えた偈です。本文は七言詩で、一段下げてなお5行書き継がれています。末尾に咸淳己巳上元後二日書とあり、1269年正月17日に記されたことが分かります。白雲は帰国後、東福寺四世となりました。