Exhibition 0

黒屈輪唐花文香合

くろぐりからはなもんこうごう

Incense Container, carved red and black laquers

艶のある美しい黒漆層の下に、朱と黄の漆を6~7回繰り返して塗り重ねて作られています。蓋中央に五弁の花を、その周囲に渦巻のような美しい曲線の屈輪文を彫り表しています。明るく華やかに見えるのは、漆層に黄色が入っているためです。江戸時代初期、石清水八幡宮瀧本坊の社僧、松花堂昭乗が雄徳山神社に奉納したことが、箱の書付から分かります。