Exhibition 0

桐文鎌倉彫香合

きりもんかまくらぼりこうごう

Intence Container, Laquer, with Tung design

何層にも重ねた漆を彫って模様を表した堆朱などの彫漆作品が、鎌倉時代に中国から伝えられた。これらを真似て、素地となる木に模様を彫刻し、下地に黒漆、仕上げに朱や黒の漆を塗った仏具を鎌倉の仏師が作り始めたものが鎌倉彫である。文様にシャープさはないが、使い込むことで下地の黒漆が現れるところが特徴である。この香合は、桐文を蓋表から側面へと連続して大胆に表現している。