Exhibition 0

赤楽茶碗 銘恩城寺

あからくちゃわん めいおんじょうじ

Tea Bowl, Red Raku ware, named Onjōji

艶のない赤い色の表面と、焼成中に割れたため黒い釉をかけて焼き直し、漆で繕ったところが特徴の茶碗です。この割れた様子から、滋賀の三井寺(園城寺)の鐘を弁慶が比叡山まで引き摺り、谷底に落として割ったという伝承に因んで銘がつけられました。「恩」の字は、音が同じ字を使ったものと考えられます。